厳選した屋形船を紹介

屋形船とレインボーブリッジ初めて「屋形船」で遊ぶ。そんな皆様に、できる限り“いい船宿(屋形船を営む船会社)”と巡りあっていただきたい。そんな思いから生まれたWEBサイトです。
都内に勤めていたり、住んでいても、「屋形船」について十分な情報をもっている人は見かけませんし、既存のWEBサイトには、基本料金と料理の写真がある程度で利用時に本当に確かめたい情報がありません。宴会やパーティの幹事さんはもちろん、日頃の飲み会での利用などで「屋形船で飲もう!」などと気軽に決められないのも当然でした。
そこで、さまざまな船宿を実際に確かめた生の情報をもとに、「こんな方にはこの屋形船に乗ってほしい」という船宿をご紹介。皆さんが「屋形船」での時間を楽しく過ごされるための出発点にしていただけるWEBサイトになればと願っています。

 

 

風流を身近に感じられる、屋形船の魅力。

貸切屋形船の料理
日本人なら、屋形船(屋台船)と聞けば、ある程度はその姿を頭の中に思い浮かべることができるでしょう。しかし、実際に乗船して、屋形船でしか味わえない特別な時間にひたったことがある方は決して多くはありません。
東京湾クルージングを通してまさに屋形船ならではの感動をお届けする屋形船予約受付センターが、まだ屋形船を経験されたことのない方のために、その魅力についてご紹介します。
江戸時代まで遡る屋形船の歴史は連綿と時を越え、異空間の船上での時間と景観を愉しむ文化は、幾多の技術革新を繰り返す社会のなかで、しっかりと受け継がれているのです。

平安から江戸、現代へ、屋形船の歴史

屋形船の歴史屋形船はどこで生まれたか。その起源をたどると、江戸からさらに遠く平安時代にまで行き着きます。ただし、その当時はもっぱら貴族など一部の特権階級だけが興じた娯楽で、広く一般庶民に広がることはなかったのです。誰もが遊べる今日の屋形船の位置づけができあがったのは、やはり多様な庶民文化が花開いた江戸時代です。

1603年から1868年までの265年にわたる徳川家の長期統治が続いた江戸の世ですが、その文化・経済における繁栄には、河川や掘割を移動する水上交通の発達が大きく寄与しました。人々は船を交通手段とし、諸国から江戸に運ばれる物資の輸送路としても水上交通は重要な機能を発揮していました。その後、河川の整備と共に船は武士や商人に限らず江戸庶民にまで浸透する娯楽の対象となり、身分を問わず“舟遊び”が人気を集めるようになりました。屋根付きの小型船に始まり、徐々に大型化し大名・豪商が芸者や役者などと遊ぶための大型の屋形船も生まれました。庶民は「屋根船」と呼ばれた小船で風流を楽しんでいたようで、これが現在の屋形船の源と言えるかもしれません。

こうした屋形船での舟遊び文化は、江戸が明治に変わっても消えることはありませんでした。水の上で優雅に過ごす文化は日本人の心を捉え続け、富裕階級を中心に風流な遊びの一つとして大正から昭和へと日本全国に広がっていきました。戦時中や水質汚染が問題化した高度成長時代には衰えた人気も、再び経済の隆盛と共に復活し、今日では貸切、乗合いのスタイルを中心に、用途も多様化し新たに人々のレジャーとして定着しています。定員が50名以上の大型船も利用できるようになり、エアコン搭載、水洗トイレ完備、最新鋭カラオケ導入など、船内の設備もますます充実しています。船上でのサービスも洗練の度を加え、水上でありながらその快適性には目を見張るものがあります。

様々な楽しみ方が広がる、屋形船の魅力

1.季節ごとに生まれる魅力を堪能

春桜と屋形船屋形船にはもともと暑さの折に涼むという目的があったため、夏場に最も盛んでした。ただ、船内に冷暖房が完備された現在は、オールシーズンでの楽しみ方が可能になっています。季節がプロデュースする水辺の景色を眺める体験が、忘れられない思い出に刻まれます。
春の桜、初夏の新緑、夏の夜空に描かれる花火、秋のお月見、そして年末のイルミネーションと、季節ごとの江戸情緒、都市の演出が瞳を捉えます。

2.都心の絶景ポイントを水上から眺める一日

スカイツリーと屋形船たとえ東京名所を知り尽くしたとしても、屋形船に乗り、水上から見える風景の素晴らしさを想像できる方は少ないのではないでしょうか?
東京の観光名所の景観は、屋形船の上から眺めることによって、より情緒豊かになります。

特に一度体験してほしいのが、ウインターイルミネーションです。東京タワー、天王洲アイル、お台場、レインボーブリッジなど、明かりがデザインする東京名所の夜景を一日で視界に収められます。

3.季節感豊かな料理と景観が溶けあう世界

料理と屋形船屋形船で過ごす時間を、より魅力的にするのが季節の料理です。宴会で盛り上げる江戸前の料理の粋にひたってください。
揚げたての天ぷらのふんわりとした美味、新鮮さと豪華さを目でも味わえる、舟盛りのお刺身。さらに季節の料理や、お好みで選ぶお酒の深みある味わいが、会話を艶やかに引き立てます。さらに宴を囲む水辺の絶景は、舌鼓を打つ料理に、格別な味わいをプラスすることでしょう。
それこそが、屋形船だけが届けられる特別な世界です。

四季が織りなす感動を、屋形船が最上に導く季節の催し

屋形船の大きな魅力の一つは、四季折々の風景を水上から眺められることです。たとえば、満開の桜を愛でる春のシーズンと夜景きらめく冬のシーズンとでは、視界が捉える景観の表情はそれぞれに別次元の趣を醸します。美味しいお料理とお酒に舌鼓する“味覚”の魅力はもちろん、船上からの“視覚”で季節の移ろいを愉しみ、洗練された“粋”の神髄を存分に味わい尽くしてください。

満開の桜が水面を彩り尽くす<春>

春の屋形船学校や会社などで節目となるイベントが控える春――。新たな一年の始まりに、緊張と期待に胸ふくらませるこの季節を演出するのは、言うまでもなく満開の桜です。春風が頬をなで、心和む優しい空気に包まれるこの季節に、全ての日本人の心を捉えて離さない薄紅色の花びらが、景観を染め抜いていきます。大切なお仲間と集い、スタートする未来や、懐かしい思い出の一シーンについて、笑顔で語り合う春の宴に、欠かすことができない桜の新鮮な魅力を屋形船で再発見してください。
都内有数の桜の名所として人気が高いのが隅田川です。河岸を華やかに彩り、川面に美しく映し出される桜は、まさに日本ならではの情景の極みと言えるでしょう。お花見シーズンにおける屋形船の周遊コースは、その満開の景色を心ゆくまで味わえるように、河岸に艶やかに桜の木が立ち並ぶ隅田川を周遊するコースに変更されます。川風を受けながら眺める桜は、言葉を失うほどの美しさ。これまでのお花見とは、また次元の異なる圧倒的な桜の美を瞳に焼き付けてください。舟遊びの趣はより色濃く、胸高鳴る桜との出合いが待っています。

東京湾の上空で花火が舞う<夏>

夏の屋形船ときに南国の暑さを超える、激しい東京の夏――。灼熱の太陽が照りつけ熱を帯びた都市空間を逃れて、リバーサイドで、ベイシーンで舟遊びに興じる。屋形船というセレクトが、日々の暑さも吹き飛ばす爽快な体験を届けてくれます。水上を走る船のデッキから、さえぎるものなき東京湾の見晴らしを360度、視界に入れつつ、クールに吹く水面からの風を肌全体で浴びてみてください。海の香りを含んだ心地よい風を受ける清涼感が、ひととき、東京の夏の現実を忘れさせてくれます。そこに、暑い盛りに舟遊びに繰り出した江戸っ子たちの情緒が加われば、だるさや疲れもどこかに消えてしまうはずです。

夏の風物詩として一番に浮かぶ花火も、屋形船が個性豊かにプロデュースしてくれます。夏空いっぱいを使ってデザインされる花火とその小気味よい打ち上げ音が、宴の会話にアクセントを与え、会話の中に次々と花を咲かせることでしょう。屋形船からの花火鑑賞は、花火との距離が近くなる分、その美しい迫力を実感でき、夜空のサウンド効果まで楽しめます。音の振動を肌で感じる快感は、屋形船だからこその花火の思い出をプラスαします。

ベイシーンを彩る花火はダイナミック。空を大胆にペイントする大パノラマと、海面のスクリーンに反射して放たれる迫力ある情景の二つを、同時に視界に収めてください。これまでにないひと夏の思い出をつくるために、水上からの花火の数々がお客様を夢のような時間にお連れします。

旬の食材が揃う滋味、妙味の<秋>

秋の屋形船一年の中で最も爽やかな気候に恵まれ、多くの実りをもたらす秋――。スポーツ、読書、芸術とさまざまな文化に触れ、自らも実践できる季節ですが、老若男女を通じて関心を集めるのはやはり「食欲の秋」。旬の食材が届ける新鮮で豊かな滋味は、船上に舞台を移すとより一層風味豊かに生まれ変わります。日常とかけ離れたシチュエーションで口にするメニューは、また違った角度から味覚を刺激し、陶酔させてくれることでしょう。
秋は月の美しさも際立ち、お月見を愉しむシーズンとしても注目です。「中秋の名月」、つまり十五夜の屋形船クルーズも一興。秋の夜長に浮かぶ水上の月を愛でながら、旬の料理に舌鼓を打つ風柳なひとときは、佳き時代の粋人の思いを偲ばせます。秋に獲れる山海の幸を用いた料理の旨みも、なおさら味わい深く、月見酒の興趣もまた格別です。

ファンタジックに夜景きらめく<冬>

屋形船と夜景寒さが訪れるなかで、心温まる集いも重なる冬――。特に年末年始のシーズンは、クリスマスから忘年会、新年会、お正月、そしてバレンタインデーに至るまで、ビッグイベントを控えて、人の心は踊り、街もワクワクさせるような賑わいを見せています。屋形船は、長年慈しまれた伝統のスタイルだけが生む特別な時間で、あらゆる集いを包み込みます。出会い、語らい、笑い、幸福を共にし、旧交を温め合う、あらゆるウインターイベントのシチュエーションが屋形船というステージで生き生きと展開されます。
冬の屋形船の一番の見どころは、何と言っても東京湾をエレガントに彩るイルミネーション。東京タワーから、レインボーブリッジ、お台場へ、そしてスカイツリーへと、東京の観光名所を照らし出す冬季だけの“ライトアップ・ショータイム”は、誰しもうっとりとロマンあふれる世界に誘われます。水上という特別な演出効果が、ファンタジックな雰囲気で魅了します。
さらに12月のクリスマスシーズンは、土曜日の宵の「お台場レインボー花火」が祝福してくれます。ロマンチックなライトアップと、冬のオリオンに掛かる花火が、芸術的とも言える夜景のコラボレーションを実現。大切な人とのさまざまな関係が織りなす年末年始のドラマが、屋形船という非日常空間でさらなる熱気と活気を帯びる。その瞬間をぜひご体験ください。

さまざまな出会いを意外性で演出する屋形船の選択

(1)印象アップする企業イベント

企業と屋形船歓送迎会や納会・忘年会、季節のパーティやお祝いなど、会社のイベントにこれまでにない圧倒的な印象をプラスします。新たな仲間との出会い、親しんだ同僚との別れ、共に喜び、祝う社内のイベントに、これまでと違うインパクトを与えてくれます。

(2)落ち着いたなかで偲ぶ法事

屋形船内装亡くなられた方を落ち着いた時間のなかで偲ぶ、法事への利用も増えています。ありし日のエピソード、共に過ごした懐かしい思い出を語る大切な機会を、しっとりとした屋形船の空間が情緒豊かに彩ります。

(3)より特別なバースデーに

屋形船記念日ご家族や恋人、友人が生まれた大切な日を、屋形船でさらに特別なバースデーにしてみませんか? 水辺の美しい景観と、日常とは違う空間がもたらす特別感は、バースデーの主役はもちろん、お祝いのために集まった人々の記憶に鮮やかに刻まれることでしょう。

(4)大切な記念日(結婚記念日、還暦、米寿、喜寿)

屋形船貸切さまざまな“お祝い”の場をどこに決めるか。それは、お祝いをする側の気持ちをいかに伝えるかの表現です。大切な結婚記念日や、還暦に始まる年を重ねた人生を祝う節目の日など、さまざまな記念日に屋形船という選択を。事前にお知らせいただければ、よりふさわしい対応をいたします。

(5)再開の歓びを共有するクラス会、同窓会

屋形船集まり若き日を共に熱く過ごした仲間たちとの再会。クラス会・同窓会は、人生のなかでも貴重な出会いの機会です。少年少女時代の面影を残す顔を眺めながら、あの日、あの瞬間の思い出を語り合う。そんなひとときにも、長い歴史をわたってきた屋形船が素敵な雰囲気で包み込ます。

(6)笑顔をさらに華やかにする女子会

貸切屋形船 女子会女性たちだけで美味しい料理とお酒を囲む女子会でのご利用にも人気が高まっています。SNSでの投稿にも映える屋形船の料理やインテリア、さらに船上の景観はまさに注目の的。笑い声が途切れない女性同士の会話を、屋形船のゴージャスな演出効果が想像以上に盛り上げます。

何を基準に選ぶか

花火と屋形船江戸時代からの歴史を刻む名店を選ぶか、あるいは新たな視点で設備を整える気鋭の店を選ぶか。さまざまな船宿があるなかで、ご希望に合った「満足できる船宿」船宿はどのように選べばよいのでしょうか。
「つぎの宴会、飲み会は、屋形船」と聞けば、参加される方の期待感はふくらみます。その期待に応える船宿をこのWEBサイトで見つけてください。お一人様10,000円以上が多い屋形船の料金ですが、お得なプライスを訴えるWEBサイトも増えてきました。ただ、配られた料理を前にがっかりするようなプランでは仕方ありません。
料理の質はもちろん、心地よさを運ぶ船の操縦などは、職人のスキルから生まれます。
さらに長年、お客さまの信頼に応え営業を続けてきた船宿には、誠実に守り続けてきたスピリットや先人たちが築きあげたストーリーが存在します。
それらをご紹介することで「満足できる船宿」に近づくことができます。

 

 

「貸切」と「乗合(のりあい)」という2つのスタイル

屋形船 内装大人数での宴会はもちろん、お友達や同僚との気軽な飲み会、ご家族の記念日やデートまで、楽しむシチュエーションに合わせてお選びいただける「貸切」と「乗合」の2つのご利用スタイル。これも「屋形船」のご利用には大切なポイントです。
「貸切」はその名の通り、屋形船を一つのグループで貸し切って楽しむこと。どの曜日でも一般的に25名以上であれば、「貸切」での出航が可能です。
季節に恵まれ、海をわたる風も涼しい6月〜9月は繁忙期とされ、逆に1月〜3月の冬季は閑散期とされます。繁忙期は25名が「貸切」の基本でも、閑散期であれば10名程度でも「貸切」可能というケースも少なくありません。船宿は、予約状況によってフレキシブルな対応を行っているので、まずはこのWEBサイトの「屋形船予約受付センター」にお電話をいただきお確かめください。
もう一つの「乗合」は、他のお客様のグループと一つの屋形船を一緒に利用すること。二人揃えば乗ることができ、少人数でも参加できるので、あらゆる状況で気軽にお楽しみいただけます。
ただ「乗合」でご注意いただきたいのは「最低催行人数」という条件。一般的には乗船人数が15名以下の場合、出航できなくなる可能性があります。中止が決定すると、船宿からすぐに連絡が入ります。船宿にとって「乗合」は、予約が複数入ってトータルの人数が揃う必要があるため、比較的人気がある船宿でも、殆どが「週末のみ運航」となります。
「貸切」での宴会の場合、天ぷらや料理が一度に出てきますが、「乗合」では多少のアレンジが可能ですので、参加される方々のペースに合わせて「屋形船」を堪能することができます。

 

当サイト限定プレゼント!

商品券3,000円分プレゼント

※キャンペーン期間:2017/8/1〜2017/9/30に乗船するご予約に関してとなります。
※こちらのキャンペーンは《貸切予約》のお客様限定のキャンペーンとなりますのでご了承ください。
※シーズンによりますが、貸切は基本的には10〜15名様以上となります。
※乗船後、3〜4週間前後で幹事様宛でご郵送させて頂きます。

 

屋形船に関してお気軽にご相談ください。料理・船の雰囲気・疑問など丁寧にお答えします 屋形船に関してお気軽にご相談ください。料理・船の雰囲気・疑問など丁寧にお答えします
お電話でのご予約は03-3546-8827 お電話でのご予約は03-3546-8827
ご予約・お問合せ