屋形船とは

 

風流を身近に感じられる、屋形船の魅力。

貸切屋形船の料理
日本人なら、屋形船(屋台船)と聞けば、ある程度はその姿を頭の中に思い浮かべることができるでしょう。しかし、実際に乗船して、屋形船でしか味わえない特別な時間にひたったことがある方は決して多くはありません。
東京湾クルージングを通してまさに屋形船ならではの感動をお届けする屋形船予約受付センターが、まだ屋形船を経験されたことのない方のために、その魅力についてご紹介します。
江戸時代まで遡る屋形船の歴史は連綿と時を越え、異空間の船上での時間と景観を愉しむ文化は、幾多の技術革新を繰り返す社会のなかで、しっかりと受け継がれているのです。

平安から江戸、現代へ、屋形船の歴史

屋形船の歴史屋形船はどこで生まれたか。その起源をたどると、江戸からさらに遠く平安時代にまで行き着きます。ただし、その当時はもっぱら貴族など一部の特権階級だけが興じた娯楽で、広く一般庶民に広がることはなかったのです。誰もが遊べる今日の屋形船の位置づけができあがったのは、やはり多様な庶民文化が花開いた江戸時代です。

1603年から1868年までの265年にわたる徳川家の長期統治が続いた江戸の世ですが、その文化・経済における繁栄には、河川や掘割を移動する水上交通の発達が大きく寄与しました。人々は船を交通手段とし、諸国から江戸に運ばれる物資の輸送路としても水上交通は重要な機能を発揮していました。その後、河川の整備と共に船は武士や商人に限らず江戸庶民にまで浸透する娯楽の対象となり、身分を問わず“舟遊び”が人気を集めるようになりました。屋根付きの小型船に始まり、徐々に大型化し大名・豪商が芸者や役者などと遊ぶための大型の屋形船も生まれました。庶民は「屋根船」と呼ばれた小船で風流を楽しんでいたようで、これが現在の屋形船の源と言えるかもしれません。

こうした屋形船での舟遊び文化は、江戸が明治に変わっても消えることはありませんでした。水の上で優雅に過ごす文化は日本人の心を捉え続け、富裕階級を中心に風流な遊びの一つとして大正から昭和へと日本全国に広がっていきました。戦時中や水質汚染が問題化した高度成長時代には衰えた人気も、再び経済の隆盛と共に復活し、今日では貸切、乗合いのスタイルを中心に、用途も多様化し新たに人々のレジャーとして定着しています。定員が50名以上の大型船も利用できるようになり、エアコン搭載、水洗トイレ完備、最新鋭カラオケ導入など、船内の設備もますます充実しています。船上でのサービスも洗練の度を加え、水上でありながらその快適性には目を見張るものがあります。

様々な楽しみ方が広がる、屋形船の魅力

1.季節ごとに生まれる魅力を堪能

春桜と屋形船屋形船にはもともと暑さの折に涼むという目的があったため、夏場に最も盛んでした。ただ、船内に冷暖房が完備された現在は、オールシーズンでの楽しみ方が可能になっています。季節がプロデュースする水辺の景色を眺める体験が、忘れられない思い出に刻まれます。
春の桜、初夏の新緑、夏の夜空に描かれる花火、秋のお月見、そして年末のイルミネーションと、季節ごとの江戸情緒、都市の演出が瞳を捉えます。

2.都心の絶景ポイントを水上から眺める一日

スカイツリーと屋形船たとえ東京名所を知り尽くしたとしても、屋形船に乗り、水上から見える風景の素晴らしさを想像できる方は少ないのではないでしょうか?
東京の観光名所の景観は、屋形船の上から眺めることによって、より情緒豊かになります。

特に一度体験してほしいのが、ウインターイルミネーションです。東京タワー、天王洲アイル、お台場、レインボーブリッジなど、明かりがデザインする東京名所の夜景を一日で視界に収められます。

3.季節感豊かな料理と景観が溶けあう世界

料理と屋形船屋形船で過ごす時間を、より魅力的にするのが季節の料理です。宴会で盛り上げる江戸前の料理の粋にひたってください。
揚げたての天ぷらのふんわりとした美味、新鮮さと豪華さを目でも味わえる、舟盛りのお刺身。さらに季節の料理や、お好みで選ぶお酒の深みある味わいが、会話を艶やかに引き立てます。さらに宴を囲む水辺の絶景は、舌鼓を打つ料理に、格別な味わいをプラスすることでしょう。
それこそが、屋形船だけが届けられる特別な世界です。

 

「貸切」と「乗合(のりあい)」という2つのスタイル

屋形船 内装大人数での宴会はもちろん、お友達や同僚との気軽な飲み会、ご家族の記念日やデートまで、楽しむシチュエーションに合わせてお選びいただける「貸切」と「乗合」の2つのご利用スタイル。これも「屋形船」のご利用には大切なポイントです。
「貸切」はその名の通り、屋形船を一つのグループで貸し切って楽しむこと。どの曜日でも一般的に25名以上であれば、「貸切」での出航が可能です。
季節に恵まれ、海をわたる風も涼しい6月〜9月は繁忙期とされ、逆に1月〜3月の冬季は閑散期とされます。繁忙期は25名が「貸切」の基本でも、閑散期であれば10名程度でも「貸切」可能というケースも少なくありません。船宿は、予約状況によってフレキシブルな対応を行っているので、まずはこのWEBサイトの「屋形船予約受付センター」にお電話をいただきお確かめください。
もう一つの「乗合」は、他のお客様のグループと一つの屋形船を一緒に利用すること。二人揃えば乗ることができ、少人数でも参加できるので、あらゆる状況で気軽にお楽しみいただけます。
ただ「乗合」でご注意いただきたいのは「最低催行人数」という条件。一般的には乗船人数が15名以下の場合、出航できなくなる可能性があります。中止が決定すると、船宿からすぐに連絡が入ります。船宿にとって「乗合」は、予約が複数入ってトータルの人数が揃う必要があるため、比較的人気がある船宿でも、殆どが「週末のみ運航」となります。
「貸切」での宴会の場合、天ぷらや料理が一度に出てきますが、「乗合」では多少のアレンジが可能ですので、参加される方々のペースに合わせて「屋形船」を堪能することができます。

 

当サイト限定プレゼント!

商品券3,000円分プレゼント

※こちらのキャンペーンは《貸切予約》のお客様限定のキャンペーンとなりますのでご了承ください。
※シーズンによりますが、貸切は基本的には15名様以上となります。
※乗船後、3〜4週間前後で幹事様宛でご郵送させて頂きます。

 

屋形船に関してお気軽にご相談ください。料理・船の雰囲気・疑問など丁寧にお答えします 屋形船に関してお気軽にご相談ください。料理・船の雰囲気・疑問など丁寧にお答えします
お電話でのご予約は03-6386-8234 お電話でのご予約は03-6386-8234
ご予約・お問合せ